志学ゼミナール塾長のブログ

札幌市,中島公園近くの学習塾「志学ゼミナール」のブログです。

名刺交換

こんにちは。

 

昨日,ある契約を解除したことを書きましたが,同時に別の業者さんに御見積をお願いしました。ところが,いらした担当の方がなんとも頼りない感じ。料金は圧倒的に安く,融通も利きそうなのですが,お願いする気にはなりませんね。

 

教室にいらしていただいて,最初に挨拶として名刺交換を行います。

自分でも驚いたのですが,しっかりと名刺交換ができない相手に対しては,それだけで大きな不信感を抱くことに気がつきました。

担当の方は,おそらく20代前半でしょう。私のほうがかなり年上でもありますし,こちらが顧客という立場です。

しっかりと研修を受けるなりして教わっていないことが原因なのでしょうが,なんと,その方は,私の名刺よりも高い位置にご自分の名刺を差し出しました。

私は,低い位置で自分の名刺を渡し,同時に高い位置で相手の名刺を受け取ることになりました。ビジネスマナーの初歩の初歩からわかっていないですね。

 

かつて勤めていた会社(塾ではないです)では,ちょっとした社内の事情もあり,一時期ですが,20代なのに調達部門の責任者のような形になっていました。

ある日,自社の製品を売り込みに,飛び込み営業の方がやってきました。アポイントもないわけで,こちらとしては迷惑なのですが,一応は挨拶と名刺交換くらいはします。

お相手の方は,50代と思しき方だったのですが,立場としてはこちらの方が上でもあります。また,私も若かったので生意気なところもありました。名刺交換をするときに,自分の名刺を相手よりも高い位置に差し出しました。すると,お相手の方は,それよりも高い位置,ほとんど首の位置くらいの不自然なくらいの高さでご自分の名刺を差し出され,奇妙な名刺交換が行われたのでした。

 

互いに,お前となんて取引しないよと,伝え合った格好になります。

名刺交換だけで,言葉はなくても会話は成立しているものです。

先の若いご担当の方は,そういう意味ではまともに会話ができないとも言えなくもないですね。

 

生徒さんの親御さんとお話する機会も多いですが,ほとんどは社会経験のある方たちです。初対面のとき,正しいマナーで名刺を差し出しただけで,にこりと笑顔を返されて,きちんとビジネスマナーのわかっている方なのですね,と無言の「会話」をすることがあります。

ある生徒さんが志望校に合格なさって卒業するときに,親御さんからお手紙をいただいたことがあります。はじめての面談のとき,ビジネスマナーがしっかりされていたので,そのときから信頼していますと,そんな言葉が書かれていました。

たかだか名刺交換ですが,知らず知らずに得をすることも損することもあるようです。

 

では。

ちょっと何言ってるかわかんない

こんにちは。

 

ある契約を解除することにしました。

2週間ごとのサービス契約で,料金は先払いしています。

今度の月曜日で2週間の期間が終了するので,それをもって契約を解除したいと伝えました。

 

すると担当の方は,

「もう伝票が出ちゃってるので,もう2週間,延長して契約してください。やめる場合は2週間前に伝えてほしいです。」と。

そもそも,契約を解除することにした理由は,一方的に値上げを通告されたからでした。まさに,サンドイッチマンさんではないですが,ちょっと何言ってるかわかんないですね。

なぜ,契約期間の終了と同時にやめることができないのか,世間様の常識と照らし合わせても,おかしいと感じます。

 

さらに,担当者から電話が来たときには,私は授業中でした。翌日に改めて電話をほしいと伝えて電話を一度切ったのですが,それを最後についぞ電話はかかってきませんでした。やめる顧客などどうでもいいということでしょう。

 

学習塾でも,辞めるときになって,これと似たようなおかしなことになる場合があります。

たとえば,本日5/26に塾を辞めたいと伝えたとき,すでに6月分の授業料は前払いで支払っており,7月分の授業料の口座振替も今からだと引き落としを止められないため,7月末までお通いいただくことになります,などと説明を受けることがあるでしょう。

これも,本当に何を言ってるかわかんないですね。

 

はじめて勤めた学習塾は,東京多摩地区を拠点にして,都立の中高一貫校に実績のあるあまり評判の良くないところだったのですが,こうした場合には,絶対に返金に応じるなと上司から「指導」を受けていました。

辞めるときになって,トラブルとなることも多く,かえって塾の評判を落としているのではないかと思っていましたし,こちらのほうが常識的に考えておかしいわけですから,良心が痛んだことも確かです。

 

気持ちよく辞めていただいたほうが,時間が経ってからの再入塾につながるかも知れませんし,少なくとも評判を落とすことはないでしょう。

 

最近では,卒業などの理由以外で,途中でお辞めになるかたもいらっしゃらないのですが,辞めるときこそ良識的に丁寧に対応しようと心がけております。

辞めていく生徒さんたちには,これからもがんばってと,お手紙を書くことも多いです。辞めていくとしても,大切な生徒さんの幸せを願う気持ちには変わりはないからです。

 

では。

だからタレです

こんにちは。

 

パーテーションもあり,席も離されていてちょっとした「個室」のようになっていることもあり,心配はないだろうと焼き鳥屋さんに行ってきました。

昨日は中学3年生たちが修学旅行のため,夜の授業がなかったのです。かなり久しぶりに外で飲んだように思います。

 

1人,初心者マークを付けた新人の店員さんがいらした。かなり要領が悪い感じ。イライラするお客さまも多いだろうなと思いつつ,私は笑顔で対応をしていたのですが,ちょっと信じられないことが起きました。

「つくね2本タレでお願いします」と注文すると,

「…」と,じっとこちらを見つめ,無言でこちらに何かのことばを期待するように待っています。

「ビールとつくね2本タレです。」と,優しく注文を繰り返すと,

「つくね,1本はタレで,あのー,もう1本は?」と,聞いてくるではないですか。斜め上の対応に,苦笑しつつも,実社会でも苦労は多かろうなと,おそらく大学生であるこのアルバイトの青年の将来を憂慮しつつ,「タレですよ」と笑顔で応えました。

 

アルバイトの先輩たちも,この青年にゆっくり丁寧に仕事を教えていました。怒られたりイジメられたりしていない様子。店員さんの対応もしっかりしていて,雰囲気の良いお店なのですが,こうしたところがお店の良さに繋がっているのでしょう。

 

席が離されているので,1個飛ばした「個室」が自分の隣の席になります。そこにいらしていたご夫婦が,お子さまの塾のことをお話されていました。

どうやらお子さまは中学3年生のようで,塾に通ってがんばってもらって,なるべく良い高校に進学してほしいと願っていることが,ご夫婦の会話の内容からわかりました。

 

さらにお話をそれとなく聞いていると,あまり高校受験はうまくいかないだろうなと,失礼ながら想像もつきました。

また,根本的な問題として,お子さまに対して勉強しなさいと言っておきながら,ご夫婦は2人で飲みに行っているのです。それも店員さんとのやり取りから,この方たちはいわゆる常連だともわかります。さて,こんな状況で,果たしてお子さまは勉強をがんばろうと思うものでしょうか。

「親から応援されているぞ」と,お子さまたちが自然と感じられる家庭環境が理想ですね。

 

では。

マスクに関する政府見解

こんにちは。

 

すでに様々なニュースで取り上げられていますが,マスク着用に関して政府が新見解を発表しました。

テレビの論調だと「無条件でマスクを外そう」と,勘違いしかねないものも多いですが,マスクを外していい場面はまだまだ限定的でしょう。

 

以下,政府の発表を引用します。

……

「マスク着用」については,屋内において,他者と身体的距離(2m以上を目安)がとれない場合,他者と距離がとれるが会話を行う場合,屋外において他者と距離がとれずに会話を行う場合は,マスク着用を推奨する。

……

 

つまりは塾の教室内,学校の教室内であれば,絶対にマスク着用は必要でしょう。

また,政府も不織布マスクを推奨していることから,こちらの教室では引きつづき不織布マスクの着用をお願いすることになります。

 

屋外でマスクを外すことに関して,私は大きな不安をいだいております。専門家ではないので詳しいことはわかりませんが,小さな飛沫が空気中を漂うことで感染するとの報告もあるようです。

私はタバコアレルギーのため,ほんの少しのタバコの臭いでも気がつきますが,誰もいないはずのところでタバコの臭いがすることがあり,きっと数分前にここで誰かが喫煙したとわかることがあります。また,かなりの広範囲にタバコの異臭は広がっていて,すごく離れていても臭いがすることがあります。

飛沫もその程度には広く空気中を漂っていると考えられないでしょうか。

 

ですので,私個人は,しばらくは屋外でもマスクを外さずに過ごしたいと思っています。用心するに越したことはないでしょう。

 

では。

小テスト週間

こんにちは。

 

中島公園では,藤の花とライラックが見ごろを迎えています。

今日も暖かな陽気の中,多くの方たちがお花を見て楽しまれていました。

 

2期制となり,評価の方法が変わるのではないかと注目している近所の中学校では,ぞくぞくと小テストが行われています。ちょうど各教科で1単元が終わるころですので,それにあわせて先生方が小テストを実施しているのでしょう。

また,別の中学校では,6月の頭を小テスト週間にして,5科目の小テストを行うようです。「定期テスト」と銘打っていないだけで,実質は定期テストと変わらないように思います。

 

今のところ,私が見ている限りだと,範囲が狭いことと基本問題(学校ワークと同じ問題など)中心の出題のため,しっかりと勉強すれば簡単に得点できるようなつくりになっています。

コツコツとがんばった子は,高い内申点が取れて報われるようになったのでしょう。

 

昨日は日曜日でしたが,小テストの勉強のために教室にいらした生徒さんもおります。

この生徒さんたちは,先週の小テストでもとてもよい点数を取っていました。

本当にすばらしいですね。

 

では。

英語の新課程スタートから1年

こんにちは。

 

身の周りの範囲のことと,お話を伺ったり記事で読んだりした限られた範囲のことしかわかりませんが,新課程の英語がスタートして1年たち,さまざまな問題点が露呈しているように感じます。

 

一言でいうと,子どもたちの学力が伸びていないことであり,中でも中学2年生の状況がひどいように思います。

現中学2年生は,新課程で中学英語がスタートした最初の学年です。「小学校で英語を勉強したよね」という前提の下に中学英語がはじまったものの,実際には小学校ではほとんど何も習っていない方がほとんどでした。

加えて,文法を軽視する指導要領になっているため,体系的に英文法を理解することができず,とくに「話す」,「書く」の部分が非常に弱いです。「She isn't play the piano.」のようなおかしな英文を平気で書く子も多いです。

極端に言えば,何も知識がないところに,急に難しい内容を中1で教えられ,その教わる内容も体系的な文法として整理されていないわけで,一部の天才的な方を除いて,身につくはずがありません。

 

さらに,登場する英単語の量が格段に増えたため(これも小学校で英単語を覚えたという前提がありますが,1単語も覚えていない子がほとんどです。),単語の習得が追い付いていない子も多いです。

 

こちらの教室に来てくださる生徒さんたちですが,はじめは英文法がまったくわかっていなくても,be動詞と一般動詞のルールを教えてあげるだけで,少なくとも文法の部分は短期間に飛躍的にできるようになります。(どのように教えるかはまたの機会に書くかもしれません。)

逆に言えば,そんな初歩的な文法ですら,学校では身につかない子どもたちが多いということでしょう。

 

文科省の方たちには,1年経った今,英語教育について成果を調査し,改善を試みてほしいと切に願っております。

また,英語がわからなくなっている中学生の方は,何らかの方法で体系的に文法を学び直すのが近道でしょう。中2の後半には過去分詞形が登場して英語が本格的に難しくなります。うかうかしていると,手遅れになっていってします。2年生に切り替わった今が良い機会ではないでしょうか。

 

では。

人間だから

こんにちは。

 

ライラックが満開を迎えています。

近くのマンションの前に植わっているものがきれいでしたので,写真を撮りました。

中島公園ライラックも満開です。

 

また,今日は藤の花が開花し始めていることに気がつきました。

おそらく,来週には見頃を迎えるでしょう。

 

日々,美しいものに触れ,心を動かされ,穏やかに生活できています。

そうした身のまわりのものに感動したとき,もっと知りたいなあ,他にも美しいものはないのだろうか,などと考えるから人間なのでしょうし,そうした欲求から学びが生まれるのでしょう。

 

「どうして勉強する必要があるのですか?」

という問いに対する一つの答が,こうしたことなのでしょう。人間だから,自然と何かを知りたいと思うようになるし,知るために学ぶことになると。

 

公園を歩きながら,そんなことを考えていました。

では。